不動産の売買を行うときに必要となってくる費用が仲介手数料

不動産の売却手続きを行う際に支払う必要がある費用は仲介手数料です
仲介手数料とは、不動産売却時に不動産会社に支払う金銭のことです。
皆さんは、この手数料が具体的にいくらなのか疑問に思っているかもしれませんが、順を追って説明していきましょう。
仲介手数料は売買費用の中でも最も高額になり得ることもある
意外かもしれませんが、実際には仲介手数料が売買費用の中で最も高額になる場合がほとんどです。
では、具体的な仲介手数料の金額はどのくらいなのでしょうか?不動産会社が受け取る仲介手数料には、宅地建物取引業法によって定められた上限額があります。
不動産の仲介手数料についての説明
不動産の取引において、不動産屋が受け取る「仲介手数料」には上限金額が設定されています。
ほとんどの不動産屋はこの上限金額を受け取ることが一般的です。
上限金額の存在は理解いただけたと思いますが、下限金額については何の決まりもありません。
私が以前に勤めていた大手不動産会社でも、お客様から「仲介手数料は安くならないのですか?」と聞かれたことがありましたが、即座に「大手だから、安くすることはできません」と答えました。
具体的に仲介手数料は、不動産の売買金額に応じて変動します。
参考ページ:名古屋市の不動産売却時の仲介手数料が売れるまで半額
重要なのは、実際に手に入る金額なのです。
だから、「たった3%か~」と軽く考えないでください!例えば、不動産の売買価格が1億円の場合、仲介手数料は1億円×3%+60,000円+消費税10%の合計で3,366,000円となります。
1億円から見れば、3,366,000円はそれほど大きな金額ではないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、考えていただきたいのは、手に入る金額です。
通常、不動産の売却で利益が出た場合は税金を支払わなければならないし、もし債務が残っている場合はそれを返済しなければいけません。
また、その他にも様々な費用がかかってきます。
だから、手取りとして100,000,000円が残るのであれば良いですが、現実的には手に入る金額はそれほど大きくないということを考慮してください。

不動産の売買を行うときに必要となってくる費用が仲介手数料
Scroll to top