住宅ローンの種類とその特徴

住宅ローンの選び方
住宅ローンを選ぶ際には、自分に合ったものを選ぶことが非常に重要です。
まず、民間銀行の住宅ローンには以下の3つの種類があります。
1. 全期間固定金利型:契約時の金利が返済終了まで一定で変わりません。
2. 変動金利型:半年ごとに金利が見直され、返済金額もその都度変更されます。
3. 固定金利選択型:一定期間、契約時の金利を固定するものです。
特に柔軟なローンプランを希望する場合は、民間銀行の住宅ローンがおすすめです。
また、フラット35は民間金融機関が融資し、住宅金融支援機構が買い取り、証券化する制度です。
このローンは全期間固定金利であり、繰り上げ返済手数料もかかりません。
将来にわたって安定した金利で借りたい方には、フラット35が適しています。
さらに、財形住宅融資という制度もあります。
これは、勤務先の会社で財形貯蓄を1年以上していて、残高が50万円以上ある場合に利用できる融資制度です。
借入金利は1%前後(5年固定)で、財形貯蓄の10倍まで融資を受けることができます。
最大で4,000万円まで借り入れることができるため、長期的な住宅購入を考えている方に適しています。
さて、住宅ローンを組む際には、どの銀行を選ぶかも非常に重要です。
以下では、都市銀行と地方銀行の違いについて説明します。
都市銀行(メガバンク)
都市銀行としてよく知られている三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、全国各地に支店を展開しており、非常に信頼性が高いです。
低金利の住宅ローン商品も提供しているため、多くの人が都市銀行の事前審査に申し込むことが多いです。
地方銀行
地方銀行は、地域に根付いた営業を行う金融機関です。
都市銀行と比べると支店数は少ないですが、中小企業や個人融資を中心に取り扱っています。
基本的に都市銀行と同じような住宅ローン商品を提供していますが、審査基準が若干異なる場合もあります。
ネット銀行とは
ネット銀行は、実際の店舗を持たずにインターネット上で営業している銀行のことです。
ネット銀行では、特に住宅ローンの金利が都市銀行よりも低いことが特徴です。
ただし、その代わりに手数料が高く設定されている場合があります。
また、ネット銀行の場合、手続きはネットや郵送で行われるため、実際の店舗に直接足を運ぶ必要はありません。
住宅ローンの金利の種類
銀行を選ぶ際には、次に金利の種類を選ぶことが重要です。
住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2つの種類があります。
固定金利は、契約時に設定された一定の金利がローンの終了まで変わらずに適用される形式です。
これにより、毎月の返済額が一定になるため、計画的な予算立てがしやすくなります。
しかし、市場金利が下落した場合でも金利が下がらないため、長期間の返済をする場合には高い金利が続く可能性があります。
一方、変動金利は、契約時の金利にプラスαの指標(例えば、ベースレートや変動金利の幅)が加えられて、一定の期間ごとに見直しを行い、その都度金利が変動する形式です。
市場金利に合わせて金利が変動するので、市場の動きによって返済額が増減します。
参考ページ:住宅 ローン 銀行選びって何を基準にどうやって選べばいいのか解説!
金利が下がれば返済額が軽くなる一方、金利が上がれば返済額が増える可能性があるため、将来の金利変動に対してのリスクを考慮して選ぶ必要があります。
どちらの金利が合うかは個人の返済計画や経済状況によって異なるため、慎重に考えて選ぶことが大切です。

住宅ローンの種類とその特徴
Scroll to top