洗車よりも車内クリーニングが重要

車の査定は、一般社団法人 日本自動車査定協会が作成した「中古自動車査定基準」という基準に基づいて行われます。
査定では、主に内装の評価を行い、外装に関しては傷や凹みなどが重要視されます。
そのため、査定前にボディを洗車しても査定の評価には直接的な影響はありません。
ただし、泥まみれのままであるよりは洗車をしておくことで、愛車を大切にしていたことをアピールすることができます。
可能ならば、簡単な洗車をしておくことをおすすめします。
一方、内装に関しては汚れも査定の対象となるため、外装以上に気を配る必要があります。
なぜなら、中古自動車査定基準には、内装の汚れや臭い以外にも傷やペットの毛、シール跡、ヤニの付着などの項目が含まれているからです。
これらの要素があると、査定額にマイナスの影響を与える可能性があります。
そのため、車内を入念にクリーニングすることは重要です。
内装がきれいであることは、愛車のメンテナンスを大切にしていたことや、将来の新しいオーナーにとっても快適な車として価値があることを示すことになります。

洗車よりも車内クリーニングが重要
Scroll to top