老後の資金を考える

老後の資金を考える
公的年金の支給開始年齢が引き上げられているため、現在ではそれだけでは十分な生活ができません。
特に国民基礎年金の支給額は不十分であり、個人の厚生年金を合わせても生活費をまかなうのは難しいことが一般的です。
そのため、老後の生活資金を年金だけに頼ることは難しく、別の資金が必要不可欠です。
不動産投資を考える
不動産投資は、老後の不安を解消する手段として人気があります。
しかし、不動産投資にはリスクと多額の資金が伴うため、始めることに悩む人も多いです。
しかし、少額の投資から始めることもできる不動産投資方法も存在します。
従来の不動産投資の考え方
不動産投資は、物件を購入して運用することで利益を得る方法です。
利益を得る方法は、インカムゲインとキャピタルゲインの二つがあります。
インカムゲインは、不動産から得られる収入(賃貸料)から利益を得る方法であり、キャピタルゲインは、不動産の価値が上昇した際に物件を売却して利益を得る方法です。
小額投資とは?
不動産投資には、インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却差額)の二つの利益がありますが、共通しているのは、不動産を購入するためには購入費用が必要であることです。
一般的に利益は投資額に比例するため、大きな利益を得るためには高額な物件を購入する必要があります。
ただし、少額の投資から始めることも可能であり、安定した収入を得ることもできます。
小額投資による不動産投資のメリットとリスクの低減
不動産投資は多額の資金を必要とし、またリスクも伴うため、手が出せない人々も多いです。
しかし、小額投資を考えることで、リスクを低減する方法があります。
最初は大きな資金を使わずに小さな投資から始め、運用益を使って少しずつ投資額を増やしていくのです。
もしも失敗しても、始めの段階で妥当な金額で運用を始めているため、リスクは限定的です。
不動産投資にはどの投資でもリスクがあるものの、特に不動産投資では、運用リスクを考慮し、信頼性の高い物件を選んで安定した運用を行えば、失敗するリスクは少なくなります。
参考ページ:不動産投資 少額不動産投資とは何?メリット・デメリットを解説!
小額投資による不動産投資は、リスクを最小限に抑えながらも収益を追求する一つの手段です。

老後の資金を考える
Scroll to top