自宅を相続するときの流れや手続き

相続の手続きと流れ
家を相続する場合には、さまざまな手続きが必要であり、相続に必要な書類も多く存在します。
まずは、不動産関連の必要な書類を集めることから始めます。
不動産関連の書類の収集
家を相続する際には、家に関連する書類を集める必要があります。
具体的には、以下の書類があります。
1. 固定資産税納税通知書:自治体から毎年送付されてくるもので、家の所有者が固定資産税を納付する際に使います。
紛失してしまった場合でも、固定資産税評価証明書で代用することができます。
評価証明書は、固定資産税を納付している自治体で取得できます。
2. 登記済権利証書:不動産を購入したり相続した際に、法務局から発行される書類です。
再発行はできないため、紛失してしまった場合は司法書士に依頼して代用書類を作成する必要があります。
代用書類を作成するには費用がかかります。
3. 登記簿謄本:法務局で取得することができる書類で、不動産の登記情報が記載されています。
取得には費用が必要です。
これらの書類は、相続手続きを進める際に必要となりますので、注意して保管しておくことが重要です。
なお、書類を紛失してしまった場合には、再発行や代用書類の作成には時間と費用がかかることを覚えておいてください。
参考ページ:自宅の相続時何から始めるべき?方法と注意点は?費用はいくら?
相続手続きに必要な書類の収集
不動産に関連する書類を集めた後は、次に相続手続きに必要な書類を集めます。
相続方法によって必要な書類が異なることに注意してください。
相続方法としては、以下のような方法があります。
1. 遺言書による相続:遺言書に基づいて相続する場合、遺言書のコピーが必要です。
また、遺言書作成時点での戸籍謄本なども求められることがあります。
2. 遺産分割協議による相続:遺産分割協議に基づいて相続する場合、遺産分割協議書や協議者全員の同意書、戸籍謄本などが必要です。
これらの書類を集めることで、相続手続きをスムーズに進めることができます。
相続手続きに必要な書類は、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書、相続人の関係を示す証明書(例:親子関係証明書や配偶者関係証明書)などです。
法定相続法律に基づいて相続する場合、これらの書類が必要となります。
相続方法によって求められる書類が異なるため、相続手続きを進める前に、どの相続方法を選択するかを明確にし、それに必要な書類を入手しておくことが重要です。
つまり、相続人が誰であるかや関係の証明が必要な場合、親子関係証明書や配偶者関係証明書など、相続人の関係を示すさまざまな証明書が提出される必要があります。

自宅を相続するときの流れや手続き
Scroll to top