車の売却後に起こるトラブルの例

「実際の車の価値よりも低い車だったから」「後で修復歴が見つかったから」といった理由で、車の売却後に査定額が減額されるトラブルがあります。
しかし、実際に車を確認してから契約を結んでいるので、売却後に減額されることには応じる必要はありません。
車の売却額が減額されないようにするためには、売却額について販売店とじっくり話し合い、書面でやり取りしておくことが重要です。
初心者がよく陥る車の売却失敗の例として、相場よりも安く買い取られるケースが挙げられます。
買取業者は車を安く仕入れ、高く売ることで利益を得ることを考えていますので、できるだけ安く買い取りたいという思いがあります。

車の売却後に起こるトラブルの例
Scroll to top